カテゴリ:旅行( 6 )

最終日の夜、5つ星ホテルのレストランへみんなで行きました。お料理はレバノン料理。大人気なようです。お客さんも大勢いました。これまた私にとって初めて食することとなったレバノン料理。前菜が沢山、次々に運ばれてきてキプロス料理のようです。

少し暗いですが、前菜の数々の一部です。今回は大勢での食事会だったので写真をパチパチと撮ってはいられませんでした(^^;; 私が気に入ったのは、パセリのみじん切りにしたサラダです。ドレッシングはオリーブ油と軽い塩味でした。パセリがこんなに大量食べられるなんて!
c0240600_4373862.jpg



室内でバーベキュー!!!ちょっとびっくりしました。日本や韓国で焼き肉店に行くと、各テーブルに強力な換気扇がありますが、ここにはありません(^^;; かなり煙くなりました。そして暑い。室内とは言え、窓は前回に開いています。きっと彼らには暑く感じる気温では無いんでしょうね。牛肉、ラム肉、そして鶏肉の炭火焼です♪私はお腹が一杯過ぎてもう食べられずに、ラム肉だけを頂きました。とっても美味しかったです。もう少しお腹に余裕があったらもう一つくらい食べたかったな~。日本で言うピタパンと共に。
c0240600_4415730.jpg



デザートの写真は撮っていません。私はもう食べられませんでした。レバノン料理のデザートなので、アラブ系デザート。パイ生地のようなものにアーモンド系の練り物が入って、オリーブ油で揚げて砂糖液に浸してあるお菓子の数々(多種類)、それから生の果物でした。


以下の写真はお土産で購入した地元のお菓子類です。
こちらはシリアルバーのようなお菓子。とっても美味しいですが、カロリーがこれ一本で約600キロカロリーあります!和定食と同じくらい(^^;;
c0240600_4503290.jpg


こちらもキプロスの名物らしいです。ぎゅうひのような食感の甘いお菓子でした。ちょっと甘過ぎな感じはしますが、ノンシュガーのコーヒー、紅茶と共に頂くととっても美味しかったです。オイルがギトギトしていないところも日本人好みかもしれません。
c0240600_4522147.jpg


バラの花びらのシロップ漬けです。美容に良いそうですよ♪
c0240600_4543187.jpg


アーモンドの砂糖ペースト。かなり甘いです。朝食にジャム代わりにパンにぬったら良さそうです。
c0240600_4551277.jpg


手作りの飴です♪とってもキレイ
c0240600_4563770.jpg


これはキプロスの甘いワインで、コマンダリアというポルトーワインのような感じの物です。これはミニサイズですが、ボトルも3本お土産に購入してきました。
c0240600_4565646.jpg

数日間と短い南国生活でしたが、日常生活から離れ久々にリフレッシュできました。夫は会議で観光もなにもしていません。私がキプロス旅行を満喫していることを話したらそれだけで十分だと。
連れてきてくれてどうもありがとう!


人気ブログランキングへ
[PR]
by rica_cuore | 2012-06-24 23:12 | 旅行
日にちが変わって、今日は銀細工と手編みレースで有名なLEFKARA レフカラ村へ行きました。レース編みのテーブルナップにはレオナルド・ダ・ヴィンチがモチーフをオーダーしたというものがあり、今ではダヴィンチのデザインと言って各ショップで販売しています。


いきなりですが、郵便局発見!黄色いポスト、昔の日本も円柱で同じようでしたよね。
ちなみにフランスのポストも黄色です。郵便配達車の色も黄色。黄色はポストのイメージです。
c0240600_1720182.jpg

c0240600_17203281.jpg



車も通れる大きめの道。この辺りはお土産屋さんが立ち並んでいました。みなさん、茶目っ気&商売っ気マンマンでちょっとこちらも気合がいる感じでした。
c0240600_1631418.jpg

c0240600_16311335.jpg



この村のポリスステーションです。
c0240600_16345856.jpg


消防車です。土地が乾燥しているので山火事になったら大変です。日本の消防車より頑丈そう。
c0240600_164213100.jpg


結構大きな警察署でした。石造りで青い縁取りの出窓等。この色合い涼しげですね。
c0240600_1643174.jpg


所長さんも一緒に記念写真♪
c0240600_1645582.jpg



小道に入り、Rural Museumへ向いました。
c0240600_1648284.jpg

c0240600_16491497.jpg

c0240600_1649551.jpg

c0240600_16495539.jpg

c0240600_165039100.jpg



この美術館は、19世紀のキプロス住民の生活様式をそのまま展示してあるというものです。とはいえかなりのお金持ちの家族でしょうと説明を受けました。

室内も薄いブルーで涼しげです。ただ涼しげなだけで涼しくはありませんでした(^^;; 蒸し風呂のように暑かったです。
c0240600_1652748.jpg


当時のオイルランプ
c0240600_16535536.jpg


1912???
c0240600_16542927.jpg


しっかりした作りの置時計です。
c0240600_1655963.jpg


カーテンにもレース編み
c0240600_1656292.jpg


この家具ウチにも欲しいな~と思いながら(^^)
c0240600_16564194.jpg


レコードプレーヤーです!
c0240600_16574051.jpg


当時の寝室。手前は赤ちゃんベッドです。
c0240600_16582312.jpg


赤ちゃん用のトイレと歩行器
c0240600_1659452.jpg


天井はこんな感じになっています。木の枝を使っています、生活の知恵ですね!
c0240600_16593864.jpg

c0240600_1704950.jpg


お料理をする釜は中庭にありました。暑いですもんね(^^;;
c0240600_170552.jpg


食堂に入りました。オリーブオイルやワインなどを保存する小瓶。とはいえ大きいです。
c0240600_1714522.jpg


飾り食器棚。今でも存在しますね♪
c0240600_172433.jpg


中に吊るされていました。冷蔵庫のない時代なので、ここに入れていたそうです。網になっているのは虫除けと通気性を保つためだそうです。
c0240600_1731914.jpg


大きな棚です。これも網で出来ています。
c0240600_1753198.jpg


ワイン倉です。一番涼しかった♪
c0240600_176636.jpg


ここにぶどうを入れて潰して自家製ワインを造ったそうです。
c0240600_176478.jpg

c0240600_1772873.jpg


その他も半地下のメイド部屋などを訪れましたがちょっと暗くてよい写真が取れませんでした。また当時の結婚式の衣装等もありました。どこの国も同じですが、小さくてビックリしました。また結婚をすると男女共に神父さまから花の冠をかぶせてもらうそうです。この冠は夫婦のベッド脇に額に入れて飾られるのがこの国の風習だそうです。これは今も同じだそうです。

中庭に出ました。
c0240600_1775091.jpg


中庭の反対側場所にまた釜戸を発見!
c0240600_17111872.jpg


中庭に何か果物が実っていました。まだ緑色でしたが何か尋ねてみたところ「あんず」だと。本当かな?今年異常気象でこんなに寒いフランスでも、あんずの実はすでにオレンジ色なんだけど・・・。
c0240600_17121312.jpg



人気ブログランキングへ
[PR]
by rica_cuore | 2012-06-22 03:25 | 旅行
食後はレース編みで有名なキプロスの、古い小さな美術館を訪れました。とっても細いレース紐を使って編んでいるんですよ。このような細かい作業、根気のいる仕事、人の手で編めるんだ~と改めて感心してしまいました。何故なら私の趣味の一つに編み物があり、編み物が小さい頃から好きでいろいろな物を編みます。しかし棒編みなんです。鍵編みはまだ一度も試したことがないんですよ(>_<)
今回の旅行で大変刺激を受けて帰ってきました!来週にでも手芸店へ行って、鍵棒を購入して来ようかと思っています。行くゆくはベストを編みたいですが、まずはコースターからですかね!←これも怪しい

数々の手編みレースの作品です。
c0240600_20642100.jpg

c0240600_2073283.jpg

c0240600_2075458.jpg

c0240600_2081660.jpg

c0240600_2083461.jpg


参考になるかもしれないので、今後の為に「編み方の説明」です。
c0240600_2091867.jpg

c0240600_2094351.jpg



ここからは、皆さまの今後のお家建設、またはイメージチェンジにお役に立てればといろいろな家の写真をとってきました。白壁に緑色の車庫へ続く門です。
c0240600_20104457.jpg



珍しく赤いレンガの家もありました。
c0240600_20123586.jpg



典型的な白壁に青い窓淵、雨戸の家です。青い空に映えますね♪
c0240600_20131564.jpg



石作りの家も沢山見かけました。
c0240600_20144181.jpg

c0240600_20152566.jpg



途中で見かけた大きなつぼです。これはワインやビネガーを作るのに使うつぼだそうです。大きいですね!
c0240600_20161216.jpg



c0240600_2017487.jpg

c0240600_2018540.jpg

c0240600_20183156.jpg

c0240600_20185795.jpg



途中でハイ、ポーズ!!!実はこの時、こんなに小さな村で迷子になっていた私達です(^^;;
c0240600_20192464.jpg



キプロスの小さな村で陽気なブッダさんの置物に出会いました♪
c0240600_20201152.jpg


いいことありそう♪

人気ブログランキングへ
[PR]
by rica_cuore | 2012-06-21 04:31 | 旅行
ギリシャ料理にとっても近いと、話には聞いていたキプロス料理。ギリシャ料理もほとんど食べたことのない私には、どちらにしても未知の味(笑)。お昼になったので、小さな村の中にあるキプロス(ギリシャ?)食堂「Taverna タベルナ」へ連れて行ってもらいました。とっても家庭的な雰囲気なお店で、皆さん和やか。地中海人のノンビリした空気をここでも感じました。写真からお店へたどり着くまでの道のりの雰囲気を味わっていただければと・・・。とっても細い小道です。車は通れません!
c0240600_16174963.jpg
c0240600_16181152.jpg



MEZE(メゼ)、前菜コースの始まりです(笑)
一番最初に出てきたのがこちらホリアティキサラタ。キャベツ(orレタス)、きゅうり、トマト、オリーブの実とフェタチーズのサラダです!自宅でもすぐに真似が出来ますね!
c0240600_1620869.jpg



フムスというヒヨコ豆のディップ、日本でもお馴染みのタラモサラタ、ザジキという濃厚なギリシャヨーグルトにキュウリの千切りとニンニクが少々入ったサッパリしたディップ。
ケーパーの実ではなくて茎の酢漬けです。初めて頂きましたが、少し繊維を感じること意外は、酸味がさわやかで、暑い国の前菜には丁度良いお味だと思いました。
牛肉のグリルとハルーミチーズのグリル。このチーズが美味しい!今回のお気に入りです。生でもいただけますが、グリルすると少しシコシコした歯ごたえが感じられます。日本のストリングチーズに噛み応えが似ているかもしれません。
c0240600_1622375.jpg



ケフテダキャ(ギリシャ風揚げ肉or野菜団子)と、ドルマデスという、ぶどうの葉で肉や米等を春巻きのように巻き蒸したもの。お肉が入っていないものは冷菜としてもいただけるそうです。今回は肉も入っていましたので温かかったです。
c0240600_16353117.jpg



こちらのお皿には、鶏肉の串焼き、ラム肉のグリル、ケフテダキャとドルマデス、ズッキーニのフライです。どのお料理にもレモン汁を沢山かけていただくと、サッパリいただけ本当に美味しかったです!ちょっと写真左下に見えているのが、クスクスのリゾットのようなものでした。とっても優しいお味でした。
c0240600_16523434.jpg



ギリシャ(キプロス)風フレンチフライ♪
c0240600_1653344.jpg



モスハリ・ステファド(牛肉の玉葱煮込み)です。こんなに沢山食べた後だったので、胃にスペースがほとんどありませんでしたが、大変美味しかったので自宅でも作ってみたいな~と思いました。
c0240600_16535861.jpg



デザートにはキプロス風コーヒー(ギリシャ、トルココーヒーと同じ作り方)、スイカと写真の果物のシロップ漬けでした。黄色いものが瓜の中身を特殊なカッターでくり抜いてシロップ漬け、黒っぽいのが胡桃、そして緑色がライム、小さい黒っぽいのがサクランボのシロップ漬けでした。どれも大変甘かったですが、キプロスの濃いコーヒーとの相性は大変良かったです!
c0240600_16555762.jpg



タベルナのテラスで木陰を作ってくれている、胡桃の木です。胡桃が沢山実っていましたよ!
c0240600_16592380.jpg



人気ブログランキングへ
[PR]
by rica_cuore | 2012-06-20 00:30 | 旅行
他の村へ移りました。ここはTroodos地方のOmodosというワイン作りが盛んな人口300人程度の小さな村です。
c0240600_21393598.jpg



街路樹にはこんな装置が付いていました。お水が定期的に流れます!
c0240600_21404172.jpg


これなら緑がいつも絶えませんね!
c0240600_21411090.jpg


お土産屋さんが小さな村に、立ち並びます。ここはナッツ類や産地のワインなど、スパイスも沢山売っていました。日本のおこしのようなお菓子もありましたよ!!!
c0240600_2142368.jpg

c0240600_21431198.jpg


白壁が涼しげです。気温は42℃!!!暑い(笑) それでも湿気がないので、日陰は過ごし易いです。
c0240600_21435830.jpg


多くの家の庭にはぶどう棚がありました。テラスの日よけです。
c0240600_21444431.jpg


駐車場から少し歩いて村の中心へ到着しました。
c0240600_21455419.jpg

c0240600_21464010.jpg


この石畳は大変古いそうです。いろいろな歴史を見てきたんでしょうね。
c0240600_21465770.jpg


村の真ん中には1150年に建てられたMoni Timious Stavrou.(Monastery of the Holy Cross、ギリシャ修道院)があります。
c0240600_21475582.jpg

c0240600_21481385.jpg


修道院の建物の古い扉と、珍しい大きな植物とはい、記念写真!
c0240600_21491752.jpg


シルバー製の聖書カバー
c0240600_2150488.jpg


各人の聖人描
c0240600_21512288.jpg


聖書です。
c0240600_2152956.jpg


教会を囲むように建つ回廊
c0240600_21523495.jpg

c0240600_21531630.jpg


教会内です。
c0240600_21533638.jpg


とっても画期的!座ってお話を聞き、立ち上がってお祈りや礼をする時には、座席を持ち上げるそうです。
c0240600_2154137.jpg


教会内部の正面です。カトリック教会とはだいぶ雰囲気が違いますね。少し仏教のお寺内部に近いような・・・。
c0240600_21553095.jpg


二本の剣。説明を受けましたが、忘れてしまいました(>_<)
c0240600_21561790.jpg


明日は地元料理のご紹介をいたします!お楽しみに(^-^)


人気ブログランキングへ
[PR]
by rica_cuore | 2012-06-19 03:20 | 旅行
6月半ばから数日間ですが、夫の仕事(会議)に同伴してキプロスへ行ってきました。夫は仕事、私はバカンス♪←ありがとう☆モン・シェリー

私にとっては初めてのキプロス旅行だったので、見るもの、食べる物全てが新しく、新鮮でした。お天気にも大変恵まれ(観光客には良いですが、降水量が年間を通して大変少ないようで、お水の確保が大変だそうです)、気温は日中42℃を最高に暑くもありましたが、日中は湿気が少ないのでカラっと乾燥していて木陰では大変気持ち良く過ごすことができました。

ギリシャと同言語を話すキプロスの人たち。島の一部がイギリス海外領土だったこともあり、ほとんどの人が英語を話します。←山中の年配のおばあさん達も、コミュニケーションに全く問題ない英語を話していました!

パリを15時頃の飛行機で経ち、キプロスへ到着したのが20時頃。4時間のフライトですが、フランスとの時差が+1時間あるので、フランス時間では19時の到着でした。
空港、飛行機から降りたところの写真です。フランス・パリより南に位置するキプロス。今の時期は、パリが10時過ぎまで明るいのに対し、キプロスは日照時間が北欧に比べて短いのがわかりますね。
c0240600_201375.jpg



知人が空港まで迎えに来てくれました!!!日本、イギリスと同じく右ハンドル、左車線を走ります。日本車の多さにも驚きました。
c0240600_2063067.jpg



翌朝、部屋から撮った景色。まん前は地中海です!!!
c0240600_2010068.jpg



昨晩は軽くホテルで食べ、少々腹ペコ気味の起床した私。朝食はホテルでビュッフェスタイル。お昼には何が食べられるかわからないので多めのプロテインを摂取(この年齢で本当に必要だか???)
c0240600_20214546.jpg



9時30分にロビーで!!!と現地の知人と待ち合わせをし、現地知人とガイドさんが到着したのが10時過ぎ。地中海時間で動いていますね~(笑)
砂漠のようにカラカラに乾いた山を登りながら・・・
c0240600_20292549.jpg



キプロス保存食の一つ、野菜や果物のシロップ漬けのお店です。日本や欧州でもお野菜はお漬物やピクルスのように塩で漬けて保存しますよね。
c0240600_20341836.jpg



ジャムのお店ではないんです。あくまでも野菜・果物のシロップ漬けのお店です。それにしても品が豊富で驚きました。
c0240600_20375297.jpg

c0240600_20394683.jpg



人参シロップ漬け、カリンのゼリー(これはいろんな国によくある!!!)、胡桃の厚い殻を取り除いたものをシロップで漬けた物、オレンジのシロップ漬けの4種類の試食コーナーです。ジャムでもないし、どうやって食べるのか尋ねたところ、トルコ(ギリシャ)流コーヒーのお茶請け菓子として食べることが多いそうです。甘い(>_<)
c0240600_204050100.jpg

c0240600_2047189.jpg



小瓶入りもありました。結婚式の引き出物の一つ(ドラジェの代わり)、出産祝いのお返しに使ったりするそうです。
c0240600_20552917.jpg



ちょっと暗いですが、ぶどうの棚が日よけになっていてとっても素敵なテラスでした。
c0240600_20573536.jpg



お買い物したものをトランクに入れさせてもらい(笑) 仕事、いつでも出来ますね!!!と言ったら笑っていました。
c0240600_2101341.jpg



サクランボが食べ頃でした。パリでは4月から5月のはじめにサクランボの時期が終わってしまいます。こちらの方が気候が暑いのに・・・。きっと品種が違うんでしょうね。
c0240600_2112123.jpg



外国の学生さん、地元の子ども達が学校の林間学校でよく使う村だそうです。小さな、可愛らしい村でしたよ。
c0240600_2124390.jpg



地元ポリスと派出所前で記念写真♪
c0240600_2135430.jpg



その後は敷地内のサクランボを摘んで食べさせてくれました。キプロスの住人のとっても親切なことに、大変心和やかに過ごすことができました。全てがスローです。急がない、いそがない(笑)
c0240600_2145977.jpg



人気ブログランキングへ
[PR]
by rica_cuore | 2012-06-18 21:07 | 旅行