カテゴリ:フランス文化( 13 )

日曜日の午後、愛娘の友達5人が我が家に集まり、学校授業の音楽ミニグループ合唱の練習をしています。ピアノが必要だったので、我が家かM-O君の家しか選択肢はありませんでした。


毎回思うのですが、私立へ通わせているので、みんなが同じ地区に住んでいないのにグループワークは本当に大変!(←親が!)


以前Facebookでも違う宿題の時にこの様なを呟いたら、ブラジルの友人も同じように「困る!」と言ってました。


確かにインターネットが普及し、ネット環境が整っていれば時差以外問題なく何処にいても討論、会議はできますからね。


そう言えば、上手くいかなかった経験もありました!(>_<)


グループにお父さんが中国の方がいて(国籍はオランダ)、夏休み中、このお子さんはお父さんの実家へ里帰り。彼とは連絡を取るのが大変難しかったと言う、今となっては貴重な苦い思い出もありますね。



c0240600_05543402.jpg

話を戻し、おやつには今年4度目のガレット デ ロワGalette des rois !


人数がこんなに増えるとは、ママさんには伝わっていなかったので、おやつに小さなガレットしか用意していませんでした(^^;;


これでは全く足りないので、Tarte au citron(タルト オ シトロン)レモンタルトを焼きました。このタルト、自画自賛ながらレモンの果汁が爽やかで美味しいのですよ!



c0240600_05550336.jpg

今回のGalette des rois ガレット デ ロワは、今年2度目で愛娘に当たりました!


青年たちよ、頑張りたまえ!!!

(ものすごく楽しそうな笑い声が聞こえる!笑)



[PR]
1月6日はÉpiphanie エピファニー !!!
公現節です。
フランスでは「王が選ばれた日 Les Rois mages レ ロワ マージュ」とも呼ばれます。
2016年のGalette des rois ガレット デ ロワもすでに3回目!笑


c0240600_01151167.jpg

さてさて、今日もガレット Galetteを頂きます。アーモンドクリームのフランジパン入り、トラディッショナルです。義母がおやつに買ってきてくれました!オーブンで再加熱すると、バターの香りが再び引き立ちます!



c0240600_01152406.jpg

8〜10人前と大きなガレットですが4人で完食!(笑)

Fève フェーブは私に当たりました〜!



c0240600_01153841.jpg

映画 ラタトゥーユのREMY レミー。
[PR]
c0240600_01192376.jpg

1月6日が本当のÉpiphanieの日です。ただ今年は水曜日、恐らくフランスは祝日にしたくないので、1月の第一日曜日(3日)をエピファニーにしたのではないのか?

と言うのが私と夫の予想。

予想だけでなく、調べたらこのようなサイトが!在日フランス大使館のサイトです。
http://www.ambafrance-jp.org/article7175

『公現祭は1月6日または1月2日から8日の間の主日(日曜日)に、すべてのキリスト教会で行われる祝祭です。』

と記されています。予想は外れてはいませんでした!


1月5日の今日も、ご近所さんのポルトガル人ママさんと小学生の息子さんが遊びに来たので、一緒におやつにいただきました。

ポルトガルも明日は祝日だそうです。

ガレットはお店で購入した物です。食べる直前に、オーブンで少し温めました。バターの良い香りが〜!トラディッショナルなアーモンドクリーム(フランジパン入り)ではなく、フランジパンにリンゴのコンポート、キャラメル、ヌガーが混ざっていました。



c0240600_01193438.jpg

6当分に分け、5人で一斉に頂き、誰にもフェーブが当たりませんでした。

という事は、残る一人分!愛娘のところに入っているようです(笑)!



c0240600_16191836.jpg


c0240600_01233541.jpg

愛娘のところに入っていました!
[PR]
c0240600_02145691.jpg



c0240600_03491829.jpg

Fête d'Epiphanieの日です。クリスチャンの祭りです。
公現祭(こうげんさい)です。
私の記憶では1月6日がEpiphanieだと思っていましたが、カレンダーを確認したら今日(3日)だと!

参考; Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E7%8F%BE%E7%A5%AD

イタリア、スペイン等の敬虔なクリスチャン国では、今日、子供達はプレゼントを貰えるそうです。そう、クリスマスではないのです。12月25日のクリスマスは家族会食、小さなプレゼントがもらえるとか。


フランスはエピファニーにはプレゼントは全く関係なくなりました。


Galette des rois(ガレット デ ロワ)、ガレットと言うアーモンドクリームのパイを頂きます。このガレットの中にはFève(フェーブ)と言う小さなせと物のモチーフが隠されています。Fèveを仏日辞典で調べると、「空豆」と訳がでできます。昔はせと物ではなく、乾燥空豆が使われていたからです。


食べ方にも決まりがあります。家族、仲間で集まりその中で一番若い人がテーブルの下に潜ります。


テーブルの上では人数分にガレットを切り分けます。切り分け終わったら、テーブル下の若者に質問をします。


「このガレットは誰にあげる?」
と。テーブル下の若者は、集まった人の名前を一人づつ言い、切った人が全員に取り分けます。


全員にいき渡ったところで、ガレットを食べ始めます。運良くフェーブが当たった人が王様(女王様)!冠が貰えます!



c0240600_02150883.jpg

今日は隣に住む義母、夫、愛娘と私の四人なので、ガレットは小さめ一つ。



c0240600_02152529.jpg

Mon chéri に当たりました!



c0240600_02154116.jpg

フェーブはバーバパパの家族の女性...
何と言う名前かな?笑(BARBABELLE バーバ ベッルと書いてあった!)


ガレットとリンゴの発泡酒シードルを共に頂くことが多いです。紅茶、シャンパンも合いますよ!


日本のおみくじみたいな感覚かな?


最近は日本でもGalette des roisが流行りだしたようですね。ガレットも美味しいですが、美味しいだけでなく、フランス文化も学んで頂けたら嬉しいです。


一月中は家族、仲間が集まる時はガレットパーティーが続きます!
次回、フェーブが当たりますように!!!
[PR]
フランスの中学4年生の愛娘。社会科のクラス担任が担任の最終授業日(18日金曜日まで学校)にクリスマス会を開くことを決定した!


各自一人5ユーロのプレゼントを用意。
贈り先の相手は未定。男子生徒かもしれないし、女子生徒かもしれない。因みに、愛娘のクラスは男子18人、女子12人という構成。


物価の高いフランス、パリで5ユーロって本当に難しいお買い物(^^;;


今年春、東京で購入した「急なお招き、お誕生日プレゼント用」として購入した、シルバー925の45cmネックレスをプレゼントに決めた!
c0240600_04384533.jpg


女の子に当たりますように!笑
まぁ、男子生徒でも大丈夫だと思うんだけどな...
c0240600_04390599.jpg




人気ブログランキングへ
[PR]
c0240600_04505003.jpg


やっとでしました!
180cmあるんですよ!
今日はニコラス聖人の日、St.Nikolaus(ドイツ語)です。


これでやっとクリスマスらしくなりました。



人気ブログランキングへ
[PR]
c0240600_05060133.jpg



12月6日は聖人ニコラウス(St. Nikolausドイツ語)の日です。私が習った話では、子供たちは5日の晩に聖人ニコラウスが喜んでくれるような絵を描き、自分のブーツを良く磨き、クッキーとミルクをその横に準備をして就寝。


翌朝、おりこうさんな子どもの所には、小さなプレゼントを、前の晩に準備したクッキーと絵と交換に残してくれるそうです。


明日は4日金曜日ですが、愛娘はドイツ語の授業があるので、ケーキを持たせようとGâteau au chocolat を焼きました。しっとり、ずっしり濃厚なケーキ💕


ちなみにフランスではSt.Nicolasは祝いません。








人気ブログランキングへ
[PR]
Salon idée Japon 2015,
Marché de Noël Japonaisの初日に行ってきました!
http://www.jipango.com/exposants

c0240600_05594500.jpg


オペラ座すぐ近く



c0240600_05595596.jpg


パッサージュにあります。



c0240600_06000760.jpg



c0240600_06001849.jpg



c0240600_06002949.jpg


会場の外観



c0240600_06004258.jpg


会場内


c0240600_06005396.jpg


c0240600_06010785.jpg


初日の日中から大盛況!11時オープンでしたが、オープン前から行列が出来ていたそうです!毎年恒例となり、ファンが多いと言うことですね!


c0240600_06011632.jpg


パッサージュとは、屋根付き商店街です。


人気ブログランキングへ
[PR]
日本ではGW(ゴールデンウィーク)真っ只中ですね!

この週末5月3日(土)・4日(日)は、クリエイターさん達の合同展示販売会がありました。
会場はParis 18区にあるLe Bon Coin。
Point Idées と言うグループで活動されているようです。
今回で15回目となるポワン イデ。

日本、と言いますかアジア圏ではまだまだ流行物、皆と同じ物を持ちたがる傾向がありますが、パリっ子は全く違います!(キッパリ)

同じ物、同じ服、同じ靴等、もし友人と重なってしまったら、もうこの品は日の目を見ることはないでしょう・・・。
とは言え幼稚園児、小学生は同じ洋服やブレスレット等をして「同じだね!」と喜んでいます。

個性を重視、尊重する国フランスです。
思春期辺りからでしょうか。
「私だけ!(ちょっと皆とは違う!)」と言うような個性的な物を探し始めます。
クリエイターさんのオリジナル作品はそういった意味でも大変人気があります!


こちらが今回の案内状。10名のクリエイターさんが参加されていました。
c0240600_22215832.jpg



店内を一枚「パチリ!」
c0240600_22211466.jpg



日本人作家さんのブランドです。
お友だち♪(自慢♪♪)
日本の三越(恵比寿は確実。実家近くなので)等でもフランス展があると出展されています。
その時にはまたブログにてご案内させて頂きますね!
c0240600_2223507.jpg

淡水パールとシルバービーズのブレスレット。愛娘の親友のお誕生日プレゼントに購入しました。


同じく淡水パールとシルバービーズのブレスレット。愛娘用♪
華奢でとても素敵です。
c0240600_22285047.jpg



チェコビーズを使用した、薔薇のステンドグラス風のピアスです。直径約20mm。この夏に招待されている結婚式につける予定です。
日焼けした肌を想定してサーモンピンク!を選びました。
ドレスは今までので良いから♪と言う事で、これまた愛娘用!^^
c0240600_2231533.jpg



一粒ネックレス。キレイな緑色を選びました。リバーシブルだそうです。
c0240600_22344191.jpg


こちらが裏面です。凝っています。
c0240600_22365130.jpg



最後に集合写真!
c0240600_2239443.jpg


身につけてお出掛けするのが楽しみだわ~!
[PR]
c0240600_6241581.jpg

もうすぐイースターですね!私が住むフランスはカトリックの国。イエス様の復活祭なわけですがバイブルのお話しはさておき、子ども達が楽しみにしている遊びをご紹介します。
カトリックの多くの国では、イースターの朝、教会の鐘が鳴り、鐘が卵形チョコレートを撒き散らすそうなんです。子ども逹は起床すると直ぐに庭へ出ていき、あちこちに散らばったチョコレートを各人の籠に集めていきます。ねっ!楽しそうでしょう!^^
日本ではプロテスタントの幼稚園へ通っていた愛娘。プロテスタントはイースターバニーがゆで卵を庭に隠して行くんです。それをやはり朝に子ども達が拾いに行く…。
愛娘は「東京に野うさぎがいるのか?」と小さいながらも少々の疑問があったようです。

もうイースターバニーも教会の鐘の話しも信じていない年頃になったので、今年からパッケージにしてチョコレートをお配りすることにしました。お子さまには「家の庭で拾ったの!」ともちろん告げてネ!
[PR]