親不知

昨日、Mon chéri (モンシェリー)夫は、インプラントの手術を受け、固形物が食べられません!


そして土曜日の今朝、愛娘の親知らず抜歯の相談で、総合病院へ。12月に予約を入れて1カ月待ち!

注) 因みに、フランスは中学生迄が週5日学校へ通います。高校生から土曜日も午前中授業。


矯正歯科医からの紹介状、レントゲン持参で相談をしてきました。


そう、フランスで専門医に診察をして貰う場合は、医師の紹介状が必要なのです。


私たちの希望では、2月後半の2週間の通称スキー休暇中に、抜歯手術をお願いしたかったのですが、先生もバカンスでお留守ですって♪♪♪


では4月の2週間のイースター休暇中は?


と他の休暇をプロポーズされましたが、この時期は私達、東京一時帰国のエアーチケットを購入してしまったので無理。


結局、6月後半の夏休み中に決めました。


信用できない人が多い中、この歯科医はとても説明がはっきりしていて、わかり易かった。お金儲けで働いている感じは全くなく、


「私の個人医院でも手術は出来る。そうなると、麻酔専門医はいないから部分麻酔で手術を行います。良い点は、手術自体は20分(愛娘は親知らずが2本しか無い)で終了。早く終わるけれど、部分麻酔だから困った事に、音や会話は全部聞こえる。しかし術後少し休んで、午後はお友達と映画にも行ける。」


「また総合病院(今朝行った病院)で全身麻酔で行うと、音も痛みは全く感じない。ただ朝入院して、待合室で待ち、手術前の待合室で待機、術後は麻酔が覚めてetc、etc と一日潰れてしまう。」


「もう大きいのだから、貴女が決めてね!どちらでも大丈夫よ!」


と説明をして下さった。


歯科医には矯正歯科でしか通ったことの無い愛娘。

注 ) 愛娘は将来は医者になりたい。

もう、恐怖で頭がいっぱい!なのが顔色で見て取れたので、少々昔の話を気休めにその場でしてあげた。


「Eちゃん(私の妹)は親知らずを抜歯する日に約束があったの。次に予定があるからと、麻酔無しで親知らずを抜いた強者!」


「他に私の同級生は、丈夫な歯の持ち主で、生まれてから一度も歯科医に通った事が無く、初めて足を運んだのが親知らずの抜歯。余りの怖さに自ら、

『麻酔無しでお願いします!』

と頼んだとか。麻酔の注射が本当に怖かったらしい。1本抜歯が済み、2本目は麻酔をお願いしたそうです(^^;; 」


歯の治療を一度も体験した事の無い人には、気休めになんてなりませんよね(^^;;


彼女は全身麻酔をお願いする事に決めました。日程は夏休みに入ってすぐの6月終わり。



c0240600_05465132.jpg

今晩は夫の仕事関係の新年会で、愛娘と一緒に出かけて行きました!


人事とは言え、我が子の身体にメスを入れるとなると、私もツライわ(>_<)


[PR]