パリ18区警察署襲撃事件

早くも1年が経ちました。去年の1月7日、Charlie Hebdo襲撃事件が起きました。

今年は何事も起こりませんように!
無事に平和に過ごせますように!
との願いも虚しく...

正午、パリ18区の警察署襲撃事件が起きました。事件の真相が徐々に明らかにされ始めています。

以下は、在仏日本大使館からのメールです。この様な感じで、自然災害、事故等が起こるとメールが届きます。
フランス語がわからず、テレビやラジオのニュースが理解出来なくても、大使館からのメッセージで明白になりますね。
ありがたい!

******************************

在留邦人の皆様
「たびレジ」に登録された皆様

2016年1月7日
在フランス日本国大使館より

1.7日,一部報道によれば,同日午前,パリ18区の警察暑襲撃事件が発生したと報じられました。実行犯(男一人)はナイフと偽物の自爆ベルトを所持し,「アラー・アクバル」(神は偉大なり)と叫び警察署入口の警察官に攻撃を試みましたが,警察官に射殺され犠牲者はなかったとのことです。

2.実行犯の詳細は明らかになっていませんが,今週は昨年1月に発生した「パリの雑誌社に対するテロ事件」等から1年が経ち,関連の式典等が予定されていることもあり,在留邦人及び「たびレジ」に登録された皆様におかれては,外出される際は十分に警戒するよう注意をお願い致します。

3.なお,大使館は休館日や時間外においても,事件や事故などの緊急事態に対応しておりますので,必要な場合は電話し自動応答メッセージに従ってください。緊急対応の者が応答いたします。
大使館代表電話:01-4888-6200(フランス国外からは(+33)1-4888-6200)

******************************

ストライキでメトロが不通だ!
ストライキで郵便物が届かない!

という連絡が懐かしい。
[PR]
by rica_cuore | 2016-01-08 06:42 | その他