海外での病気(3)

車の揺れも痛いけれど、どうにかフレンチアルプスの別荘へ到着しました。

こちらでもアルプスの訪問看護師さんに抜糸まで毎日消毒をお願いしていました。

生体検査の結果が8日後に出るという事だったので、それに合わせて一旦帰る予定を入れました。
ところが、予約日の二日前に私の携帯電話に知らない番号の着信記録が残っていました。知らない番号だったので、折り返し電話もせずに待ちました。3分後位でしょうか、また同じ番号から電話がありました。私の担当医の秘書からでした。


「〇〇日の予約日はドクターが留守です。明日14時に来てください。」
と秘書から電話がありました。電波の通じる山で良かった!と言うか、術後なので流石の私も登山はしませんが(^^;; そうそう、山奥に入ってしまうと、電波が通じない場所もあるんですよ。
例えばスキーで2500m~3000m弱の場所を滑っていると、電波を受信しても超弱、もしくは入りません。

こんな予約変更、日本ではあり得ませんね!

もし、私が日本へ一時帰国(それはあり得ない、傷口が痛すぎて)はなかったとしても、イタリアやスペイン等に旅行へ行っていたらどうしたのでしょう?飛行機の搭乗許可も先生からでていましたしね。

これはどう考えても、一日早く先生がバカンスを取りたかっただけだろうと思いました。

そして翌日の再診で、「順調に傷口も治っている。!」と嬉しそうに言い、私も得意でいました。何故ならお転婆な私が我慢をして、なるべく動かないように気を付けていたからです。

そこで待ってもいなかった一言がドクターから!

「予定より5日早いけれど、抜糸しよう。」

私は「待てる!!!」と言ったのに、それでも予定より5日早く抜糸。

結果2針分、傷口が開いてしまいました。

最悪でしょう!

それでもこのドクター、フランスでは名医の一人なんですよ、ドクターM。


人気ブログランキングへ
[PR]
by rica_cuore | 2015-12-10 00:03 | 海外で病院