タルトタタン!Tarte tatin

今日は久々にスイーツレシピをご紹介いたします。
タルトタタン!Tarte tatin というリンゴのタルトです。つくり方はいつものリンゴのタルトとは少しだけ違います。普段はタルト型に生地を敷き、そこにスライスしたリンゴを並べてオーブンで焼きます。
このタルトタタンは、カラメルソースを型に流し込み、そこにリンゴを並べて、その上に生地で覆い焼き、最後にお皿に『ぷっちんプリン』の要領でひっくり返して出来上がります。

一度このタルトを味わった方は、虜になる~・・・方が多いというタルトです。日本から遊びに来てくれるお友達は、デザートには季節を問わずに必ずこのタルトを作って♪と言ってくれます。日本でも少しづつフランス料理店のデザートなどで口にする機会が増えてきましたね。

それでは早速レシピをご紹介いたします。

***********************************
タルトタタン!Tarte tatin
c0240600_16223151.jpg


材料 6~8人分 直径22cm深さ5cm程度の型

リンゴ           約1kg 紅玉、フジ等の実がしっかりした、酸味のあるリンゴが合うようです!フランスではRoyal Gala やPink Ladyを使っています。
グラニュー糖      100g(カラメルソース用)
有塩バター       適量
サブレ生地       関連記事を参考になさって下さい。
レモン汁         50ml
グラニュー糖      適量(リンゴに振りかける)


作り方

①サブレ生地を作ります。関連記事を参考になさって下さい。今回はこの半量で十分です。ラップにくるんで冷蔵庫で休ませます。残りは冷凍庫で保存も可能です。

②カラメルを作ります。手鍋にグラニュー糖100g、大匙3の水を加えて強火で火を加えます。焦がさないように注意!

③直径22cm深さ5cm程度の型にカラメルを流します。リンゴの皮をむき種を取り除き4~6等分に切って隙間なく並べます。

④③の作業中にオーブンを200℃に予熱します。並べ終わったらバターを適当に置き、分量外のグラを適量、レモン汁をかけます。

⑤アルミホイルで表面を覆い、約30分リンゴに火を通します。少しカサが減ります。カラメルもリンゴ汁と共に煮立っていると思います。

⑥伸ばしておいたサブレ生地をアルミをはがした⑤にかぶせ、180℃で約30分生地の表面が美味しい焼き色が付くまで焼きます。

⑦常温で十分冷めてから大きめの平らな皿をかぶせ、ひっくり返し出来上がりです♪

色々な作り方がありますが、この作り方だとリンゴにカラメル色を付けるのに上下に入れ替える必要もありませんのでリンゴの煮崩れが無いです!生クリーム、バニラアイスクリームを添えて、温かい状態でお召し上がり下さい♪とっても美味しいですよ~♪

関連記事;
以前ご紹介いたしました、サブレ生地をご参考になさって下さい。
http://ricacuore.exblog.jp/17642590/
******************************************
夫の大好物、そして愛娘も大好きでもあるので、我が家では何かと作る機会が多いんです。こんなに夫が好きなのに、実は仏人お義母さんは作れませんor作りません(苦笑)。

ご報告!!!
世界中の家庭料理に出会える、レシピのソーシャルブログ tabelatte 内にて
世界のキッチン事情 ~Vol.17 Fromフランス・パリ近郊~
http://recipe.tabelatte.jp/feature/kitchen/vol17/
で我が家のキッチンが紹介されています!どうぞご覧になって下さい!



人気ブログランキングへ
[PR]