シュー・ファルシ(キャベツの肉詰め)

2012年の5月。まだまだ寒い日が続く今年のフランスはパリ(>_<)
ちょっと季節はずれな感じですが、気候的にはピッタリ♪のシュー・ファルシ(キャベツの肉詰め)を作りました。キャベツの甘みとひき肉の旨みが程よく混ざった煮込み料理です。

少し前にもプレ・ロッティ(ローストチキン)を作った時にファルシ(味付けひき肉)の作り方をご説明しましたが、今回も念の為にレシピを載せますね♪いろいろと使えて応用もききますので、作り方を覚えてしまえばとっても便利ですよ。

まず先にファルシ(味付けひき肉)、その後にシュー・ファルシ(キャベツの肉詰め)のレシピをご紹介いたします!!!
***********************************************************************
Farci (ファルシ)
c0240600_441443.jpg


材料 約1.5kgの出来上がり

脂のある豚の肩肉 1kg
脂身の多い豚の胸肉 250g
塩 7g
胡椒 1g
玉葱 1個
にんにく 1片
みじん切りパセリ お好みで(たくさん入れても美味しい)
乾燥タイム 小さじ2~3

作り方
① フードプロフェッサーを用意します。下準備として、肩肉は骨が残っていたら取り除き、胸肉、玉葱、にんにくと共に適当な大きさに切っておいてください。
② フードプロフェッサーに入れます。機械の大きさのにもよりますが、小さい場合は2~3回に分けてミンチを作ってください。玉葱とにんにくはどのタイミングで入れてもかまいません。
③ 大きめのボールにまとめて塩、胡椒、パセリ、タイムを加え、更に練りよく混ぜ合せます。以上!

補足;多めに作っても冷凍保存も出来ます。トマト・ファルシなどにもお使い下さい♪
...................................................................................

シュー・ファルシ(Chou farci)
c0240600_4434240.jpg


材料
キャベツ 1 個2kg程度
ファルシ 500g+卵一個+パン粉少々でハンバーグのようによく練ります!!!ここに表面で取り除いたキャベツのみじん切りを加えても良い
白ワイン 100ml
人参 500g程度
塩・胡椒 適量

作り方
① 大きな鍋に塩を大さじ1加えた湯を沸かし、キャベツの表面を前面10分程度茹でます(私はそこまで大きな鍋が無いので、前面を転がすように時々場所をずらして茹でました)。
c0240600_449595.jpg


② 茹で上げて、葉を切り取らないように丁寧に開いていきます。
c0240600_4495836.jpg
 

③ 開いている最中に茹でられていない部分に達します。ここで、キャベツの底を芯から切り取ります。怪我をしないように注意して下さい。
c0240600_4513222.jpg


④ ファルシの半分を中心部に丸めて置きます。
c0240600_4542348.jpg


⑤ キャベツの葉で包みます。
c0240600_455340.jpg


⑥ その周辺に薄く適当にひき肉をのばし、またキャベツで包みます。これを数回繰り返します。
c0240600_456416.jpg


⑦ 元通りのカタチに戻りました。最後は楊枝で数箇所、葉が崩れないように留めました。
c0240600_457125.jpg


⑧ 皮をむいて厚めの輪切りにした人参を鍋の底に敷くように並べ、キャベツを入れ、白ワインを注ぎます。普通の鍋で約2時間、水分が減ったら足しながら火を通します。私は圧力鍋を使ったので圧力がかかってから40分、その後は予熱で火を通しました。
c0240600_503455.jpg


⑨ 圧力が完全に下がったら蓋を開け、フォーク二本を使い、はさみ&差し込みながら鍋からすくい出します。アツアツを召し上がれ♪
c0240600_524784.jpg


最後にお皿に取り分けたところです♪
c0240600_53151.jpg


補足;ロールキャベツよりも面倒な感じがするかもしれませんが、豪快に作れる分、慣れてしまえば簡単です♪フランス人感覚で6人前の量です。
***********************************************************************
お野菜もタップリ摂取できますよ♪一緒に煮込んだ人参もとっても美味しいんです(^-^)
ぜひ、お試し下さ~い!!!

人気ブログランキングへ
[PR]