カルティエラタン① St Etienne du Mont

Eglise Saint-Etienne du Mont (サン・エチエンヌ教会)
c0240600_15283125.jpg

c0240600_1529593.jpg


パンテオンのすぐ横にある教会です。パリ市の守護聖人として知られる聖ジュヌヴィエーヴの祭られた教会です。どうしてSt-Etienne du Mont と山という単語が使われているのかというと、旧パリと呼ばれているカルティエラタンですが、どうしてセーヌ川を挟んだこちら側が栄えたのかと言う話にさかのぼります。ほぼ平らな現在のパリ。昔から地形はかわりません。それでもカルティエラタンは少し丘になっているのです。もしセーヌ川が氾濫しても、ここに住んでいれば洪水被害には遭わなくて済みました。この教会のある場所は丘の(ほんとうに低い)上に建っているのです。
c0240600_15291248.jpg



内部に入ってみました。光が燦々と差し込みます。
c0240600_15302199.jpg


天井を見上げてみましょう。上から下がっているものは長さが5mもあるそうです。
c0240600_15311734.jpg


教会の中心部にある橋のような仕切り。Jube (ジュベ) といい、実際に仕切りとして使われていたそうです。
辞書によりますと、(教会堂の内陣を身廊から隔てる)内陣仕切り、内陣障壁;(上部にギャラリーのある)内陣桟敷[内陣高廊]。と記されています。
c0240600_15313491.jpg


大きなパイプオルガンです!
c0240600_15323164.jpg


c0240600_15332015.jpg


Jubeの横にある裏側に通じる扉のあった場所。
c0240600_15335215.jpg


c0240600_1535711.jpg

c0240600_15351911.jpg


昔の地図、壁画のようになって残っていました。
c0240600_15354181.jpg



人気ブログランキングへ
[PR]
by rica_cuore | 2012-03-28 15:49 | パリ