忘れた頃に・・・結婚祝い!

私達はフランスに存在する制度PACS (民事連帯契約) をしていました。ほぼ (本当に殆ど。完全にではありませんが) 結婚 (誓約書を公証人に頼んで書いてもらう結婚) と同じ条件で共同生活が送れます。文章で説明をすると、ややこしいですね。専業主婦だったとしても旦那さんの保険に入れます。連れ合いが負債を負った場合、連帯者にその返済義務がまわってきます、など等。

契約書を公証人に書いてもらわない、従来の結婚をすると、離婚時に財産分与問題等がおこります。この結婚の場合、遺産相続をした時にも、連れ添いにも権利があるそうです。近年のフランスでは離婚率がうなぎのぼりでありました、こういったトラブルを避けたいと思うカップルが増えています。
そこでPACS。この制度のはじまりは、同性愛者のためのものでした。同性愛者が結婚と同じ条件受けられると大変喜ばれた制度です。ところが離婚率が高くなりつつあるフランスの若者の中には、結婚よりもPACSを選ぶ人が増えました。もちろん、PACSもせずに同棲しているカップル、同棲歴が長く二人の間に子どもが何人もいる人達もいるくらいです。どうみても家族ですが、戸籍上は結婚はしていないのです。他人の目を気にしないフランス人には全く問題ありませんが、日本でこのようなカップルは、まだまだ厳しい目で見られることは確かでしょう。

おっと、話がそれました。

こんな私達も一昨年、結婚をしました。在仏の日本大使館へ相談に行った時の話です。

私「フランス人男性と結婚をしたいのですが・・・」
大使館員「おめでとうございます。」
私「私は今、フランス人男性とPACSしています。結婚をするにはどうすればよいですか?」
・・・・・この辺りから、大使館員の対応が厳しくなりました・・・・。

大「あなたは結婚はできませんよ!」
私「?」
私「PACSしている人は結婚はできないんですか?」
大「当たり前です。日本には存在しない制度ですが、フランスではしっかりした制度です。あなたは結婚はできません。」
私「現在PACSをしている同じ男性との結婚。タイトルを変えたいだけなんですが?」

ここでやっと、大使館員の方もわかってくれました。私の話の持ち出し方が悪かったんです(>_<)

こんなやり取りがあり、一瞬恐ろしい目に遭いましたが、無事に結婚はできました!
実はこのPACS、相手のフランス側の戸籍には記されても、日本の戸籍には何も繁栄されないんですよ!

最後に大使館員の方に念を押されました。
「本当に結婚を望んでいるんですか?PACSのままなら、戸籍はキレイなままですよ?!?!?!」と。
親切にもこんなことを言ってくれるなんて、それだけ離婚率が高いんだな~とも思いました。

そしてそして、現在北京に住んでいるフランス人夫婦が、
「大変遅れちゃったけれど・・・」
と、結婚祝いを持って来てくれました!中国茶のお茶のセットです!すごくキレイですよ。
c0240600_441135.jpg



奥さんが監修したという、フランス語訳された中国茶の説明本
c0240600_45647.jpg



アップでも撮ってみました!おままごとができそうですね♪
c0240600_46791.jpg




人気ブログランキングへ
[PR]
by rica_cuore | 2012-03-22 04:12 | その他