「ほっ」と。キャンペーン
日本では珍しいかな?


家庭でも美味しく頂けます!


生馬肉のタルタールステーキ。
Steak tartar au cheval
c0240600_05130504.jpg




フランスのMarché(マルシェ、市場)では、馬肉専門店があるのです。我が家ご贔屓の馬肉屋さんは、大の親日派でもあり(空手家)、

「日本の馬肉も美味しい!」

とお墨付き下さいました。

さてさて、ご家庭で生馬肉のタルタルを美味しく頂くためのレシピをご紹介します!


細かく刻んだ生にんにく、エシャロット、パセリをボールに入れます。ソースですが我が家はマイユのエクストラ ヴァージンのオリーブオイル、そして同じ銘柄の粒マスタードをボールに加えてよく混ぜ合わせます。


お好みで塩加減を調整して下さいね。


その前に、ジャガイモでフレンチフライを作り始めます。


皮を剥き、細めに切って水にさらし、布巾で水分を拭き取ります。


ティファール製(日本だとセブかも。同系列の会社です。)のスプーン1杯の油で作るフレンチフライの機械!


1kgで約30分の加熱セット。3人家族なのに大型を購入。1.5kgまでのフレンチフライが出来ます!
c0240600_05131544.jpg


こんな感じでゆっくりかき混ぜながら加熱されます。


食べ頃と食事時間を見計らって作れるのでとても便利。そして油を少量しか使用しないので、何よりもヘルシー!


タルタールステーキに卵黄を混ぜても美味しいですね!


生食用の牛肉でも勿論美味しく頂けます!韓国料理のユッケと少し変わって、面白いかも!


美味しい生食用のお肉が入手できたら、是非、お試し下さい!
[PR]
Bonjour à tous !!!

日本の皆さま、おはようございます!

今日は水曜日なので中学生の愛娘も、ランチを食べず、13時迄の5時限授業で帰宅します。

私も仕事はお休み!(家事は別ですよ~!)



c0240600_17533292.jpg

愛娘は7h25分に家を出ました。見送ってから、私と夫と愛犬で早朝のお散歩です!
朝7h40頃。
暗いでしょう!



c0240600_17535048.jpg

子供達はこんな暗い中を登校するのです!



c0240600_17540274.jpg

8h10頃。



c0240600_17541212.jpg

8h20頃。
小さな森の中。最近、よく雨が降っているので、ドロドロの泥濘(^^;;



c0240600_17542158.jpg

8h30頃。丘の上!



c0240600_17542829.jpg

8h40頃。朝日が昇る!
この後、沢山のお散歩中の犬と出会いました。

我が家のFoxyフォクシーも沢山遊びました。

中でもパグとチワワの混ざった犬は、身体がパグ、頭がチワワで足も長くカッコよかった!



c0240600_17544140.jpg

愛犬Foxyも沢山の友達犬に会えて楽しかったね!
[PR]
このケーキ、何という名前でしたっけ?笑
c0240600_05502594.jpg



私がスーパーへ買い出しに行き、ケーキを購入することは皆無に近い。しかし、今日はこのケーキが目に入った!


何か引き寄せられる感覚があった。


懐かしい~!


子供の頃の食べたよ、同じカタチのケーキ。


何と言う名前だったかな?


ポルトガルのお菓子で、Broas de mel と言うらしい。


読者の皆さん、ごめんなさい。
ポルトガル語は全く習った事が無いので発音できません(^^;;


そうそう、お味は昔食べたそのままでした。


懐かしい思い出のまま。


タマゴと蜂蜜の優しいお味♪
[PR]
日曜日の午後、愛娘の友達5人が我が家に集まり、学校授業の音楽ミニグループ合唱の練習をしています。ピアノが必要だったので、我が家かM-O君の家しか選択肢はありませんでした。


毎回思うのですが、私立へ通わせているので、みんなが同じ地区に住んでいないのにグループワークは本当に大変!(←親が!)


以前Facebookでも違う宿題の時にこの様なを呟いたら、ブラジルの友人も同じように「困る!」と言ってました。


確かにインターネットが普及し、ネット環境が整っていれば時差以外問題なく何処にいても討論、会議はできますからね。


そう言えば、上手くいかなかった経験もありました!(>_<)


グループにお父さんが中国の方がいて(国籍はオランダ)、夏休み中、このお子さんはお父さんの実家へ里帰り。彼とは連絡を取るのが大変難しかったと言う、今となっては貴重な苦い思い出もありますね。



c0240600_05543402.jpg

話を戻し、おやつには今年4度目のガレット デ ロワGalette des rois !


人数がこんなに増えるとは、ママさんには伝わっていなかったので、おやつに小さなガレットしか用意していませんでした(^^;;


これでは全く足りないので、Tarte au citron(タルト オ シトロン)レモンタルトを焼きました。このタルト、自画自賛ながらレモンの果汁が爽やかで美味しいのですよ!



c0240600_05550336.jpg

今回のGalette des rois ガレット デ ロワは、今年2度目で愛娘に当たりました!


青年たちよ、頑張りたまえ!!!

(ものすごく楽しそうな笑い声が聞こえる!笑)



[PR]
昨日、Mon chéri (モンシェリー)夫は、インプラントの手術を受け、固形物が食べられません!


そして土曜日の今朝、愛娘の親知らず抜歯の相談で、総合病院へ。12月に予約を入れて1カ月待ち!

注) 因みに、フランスは中学生迄が週5日学校へ通います。高校生から土曜日も午前中授業。


矯正歯科医からの紹介状、レントゲン持参で相談をしてきました。


そう、フランスで専門医に診察をして貰う場合は、医師の紹介状が必要なのです。


私たちの希望では、2月後半の2週間の通称スキー休暇中に、抜歯手術をお願いしたかったのですが、先生もバカンスでお留守ですって♪♪♪


では4月の2週間のイースター休暇中は?


と他の休暇をプロポーズされましたが、この時期は私達、東京一時帰国のエアーチケットを購入してしまったので無理。


結局、6月後半の夏休み中に決めました。


信用できない人が多い中、この歯科医はとても説明がはっきりしていて、わかり易かった。お金儲けで働いている感じは全くなく、


「私の個人医院でも手術は出来る。そうなると、麻酔専門医はいないから部分麻酔で手術を行います。良い点は、手術自体は20分(愛娘は親知らずが2本しか無い)で終了。早く終わるけれど、部分麻酔だから困った事に、音や会話は全部聞こえる。しかし術後少し休んで、午後はお友達と映画にも行ける。」


「また総合病院(今朝行った病院)で全身麻酔で行うと、音も痛みは全く感じない。ただ朝入院して、待合室で待ち、手術前の待合室で待機、術後は麻酔が覚めてetc、etc と一日潰れてしまう。」


「もう大きいのだから、貴女が決めてね!どちらでも大丈夫よ!」


と説明をして下さった。


歯科医には矯正歯科でしか通ったことの無い愛娘。

注 ) 愛娘は将来は医者になりたい。

もう、恐怖で頭がいっぱい!なのが顔色で見て取れたので、少々昔の話を気休めにその場でしてあげた。


「Eちゃん(私の妹)は親知らずを抜歯する日に約束があったの。次に予定があるからと、麻酔無しで親知らずを抜いた強者!」


「他に私の同級生は、丈夫な歯の持ち主で、生まれてから一度も歯科医に通った事が無く、初めて足を運んだのが親知らずの抜歯。余りの怖さに自ら、

『麻酔無しでお願いします!』

と頼んだとか。麻酔の注射が本当に怖かったらしい。1本抜歯が済み、2本目は麻酔をお願いしたそうです(^^;; 」


歯の治療を一度も体験した事の無い人には、気休めになんてなりませんよね(^^;;


彼女は全身麻酔をお願いする事に決めました。日程は夏休みに入ってすぐの6月終わり。



c0240600_05465132.jpg

今晩は夫の仕事関係の新年会で、愛娘と一緒に出かけて行きました!


人事とは言え、我が子の身体にメスを入れるとなると、私もツライわ(>_<)


[PR]
c0240600_21443413.jpg

我が家の愛犬Foxy (フォクシー)。
彼のお気に入りの場所は、テーブルの下!(笑)



c0240600_21444986.jpg

愛娘が小学生の頃は、Foxyもお友達も皆でテーブル下で遊んでいた事もありました。



c0240600_21450483.jpg

今日のお昼はお肉料理。少しおすそ分けしましょうね。

c0240600_23163667.jpg


[PR]
# by rica_cuore | 2016-01-10 06:03 |
今日は金曜日なので、私の働く市は公立幼稚園、小学校は午前中授業。
小学校の給食監視員と、その後は隣の幼稚園へ移動をし、TAPの仕事をしてきました(2014年から2015年終わりまで、園児に折り紙を教えてきました。)


今日の給食メニューは前菜がカブのスープ(いい香りでした。残念ながら人気はありませんでした...)、メインが牛肉ミンチ入りのマッシュポテトのグラタン(大人気!)、乳製品はチーズ、デザートはオレンジでした。

どうしてでしょう?

野菜スープ(ポタージュ)はいつも大不評(;_;)。私は美味しそうだと思ったので、近々作ってみようと思ったのでした!


校庭では男子生徒はスポンジボールでサッカーを楽しみ、女子はダンスをしていましたね。流行っているのかな?休み時間修了間際、毎度のごとく喧嘩が始まりました。一人の男子生徒はとても良いボックスフランセーズの型を知っていました。その彼が一般男子を殴るのです。Savate(サバット)経験者の私は見ていられませんでした!

「君、ボックスを習っているんでしょう?君のコーチは、ボックスを習っていない人を殴って良いと教えるの?学校でボックスフランセーズの技を使って良いと習ったの!!!」

と要注意。鼻で笑われてしまいました。日本の格闘技と違い、コーチは危険だからと最低限のマナーも教えないのか?!と疑問が悶々と残っています。

時間のある時に、Savateの昔のチャンピョンである友人に質問してみよう。

フランス人女子柔道家で世界チャンピョンもご近所さんだから、今度会ったら聞いてみよう。


その後は休憩も間ず、1分徒歩で移動をし幼稚園へ。今日は幼稚園へ行ってビックリ!年少組のお昼寝監視係を4月までする事になりました\(^0^)/

3歳児をお昼寝をさせて、起床させ、洋服を着せ、残り時間を折り紙をして遊んできました。

年少組の園児は3・4歳です。折り紙と言う単語も聞いたこともありません!外国人も多いので、フランス語を話せない園児もいます(^^;;

動物柄の折り紙を発注していたので、やっと出番が!年中、年長組の園児とは、結局一度も使わなかったのです。

犬の顔を作りましたよ!


寝起きなので、園児の皆は動きが鈍く、彼らにとって人生初折り紙はかなり時間もかかりました。

来週はもう1グループと一緒に遊びます!

※SAVATEとは?
サバット(Savate=フランス語で“靴”の意味)、またはサファーデ(英語読みはソバット)とは、カラリパヤットの「鳥(フラミンゴ)の型」を起源とし、古代ギリシアのキックボクシングから発展。その後、弾腿の脚術を元にして生まれた格闘技。

Wikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%88
[PR]
早くも1年が経ちました。去年の1月7日、Charlie Hebdo襲撃事件が起きました。

今年は何事も起こりませんように!
無事に平和に過ごせますように!
との願いも虚しく...

正午、パリ18区の警察署襲撃事件が起きました。事件の真相が徐々に明らかにされ始めています。

以下は、在仏日本大使館からのメールです。この様な感じで、自然災害、事故等が起こるとメールが届きます。
フランス語がわからず、テレビやラジオのニュースが理解出来なくても、大使館からのメッセージで明白になりますね。
ありがたい!

******************************

在留邦人の皆様
「たびレジ」に登録された皆様

2016年1月7日
在フランス日本国大使館より

1.7日,一部報道によれば,同日午前,パリ18区の警察暑襲撃事件が発生したと報じられました。実行犯(男一人)はナイフと偽物の自爆ベルトを所持し,「アラー・アクバル」(神は偉大なり)と叫び警察署入口の警察官に攻撃を試みましたが,警察官に射殺され犠牲者はなかったとのことです。

2.実行犯の詳細は明らかになっていませんが,今週は昨年1月に発生した「パリの雑誌社に対するテロ事件」等から1年が経ち,関連の式典等が予定されていることもあり,在留邦人及び「たびレジ」に登録された皆様におかれては,外出される際は十分に警戒するよう注意をお願い致します。

3.なお,大使館は休館日や時間外においても,事件や事故などの緊急事態に対応しておりますので,必要な場合は電話し自動応答メッセージに従ってください。緊急対応の者が応答いたします。
大使館代表電話:01-4888-6200(フランス国外からは(+33)1-4888-6200)

******************************

ストライキでメトロが不通だ!
ストライキで郵便物が届かない!

という連絡が懐かしい。
[PR]
# by rica_cuore | 2016-01-08 06:42 | その他
c0240600_4195134.jpg


フランスの公立幼稚園、小学校は水曜日は午前中授業。給食はありません。


一昨年(2014年7月まで)は水曜日は、週の中休みでお休みでした。幼稚園児、小学生の親は(父or母)がフランスのシステムでは有給以外に休暇を取れます。その代わり月給が-20%らしいですが、シッターさんに頼むより安上がりです。水曜日に集中して習い事をさせていました。私の娘も小学生の頃は、水曜日は大忙し!午前中ピアノ、午後ソルフェージュ、夜はスイミングに通っていました。その他、眼科や耳鼻科など救急でない病院に行きたい場合も、水曜日に予約を取っていました。


しかし国の方針で制度が変わりました。それも統一されていなく、各地域がそれぞれ方針が変わりました。私が住む市は水曜日は午前中授業となったのです。その代わり、金曜日も午前中授業で午後は自由!つまり幼稚園、小学校教諭は以前と同じ時間数の勤務時間というわけです。とは言え、両親共働きが主なフランスでは、金曜日の午後に子どもが帰って来ても親はいません。12歳未満の子供を一人で留守番させるのは、フランスでは児童虐待に通報されれば罰せられます。だからと言って、仕事をその為に終わらせることもできません。


私の住む市では、市の予算で午後を「知的アクティビティー」を行う日として、外部から人を集めました。2014年9月から私はそこで働いています。
『書道、中国語、日本語を外国人に教えられる免許があり教えられます。』
と応募したところ、「折り紙」に決まりました(^^;;
毎週金曜日の午後は、3時間折り紙を子供達に教えています。

話がそれました(^^;;


1月6日の水曜日は午前中授業だったので、給食がありませんでした。そこで7日木曜日の今日、Galette des Rois ガレット デ ロワが行われました!


11個の大きなガレットを給食のおばさんが、生徒、教員の人数分に切り分けたそうです。つまり、王冠11個、Feveフェーブも11個隠されています。


デザートなので、前菜、メインの料理、乳製品を食べた後でないとガレットは食べられません!みんな、真面目に給食を食べていました!(笑)


フェーブが当たった子供は王冠も貰え、王冠をかぶって昼休みの校庭で遊んでいました。身長が170cmの私より背の高い11歳(フランスは小学校は5年生まで)の子供も、王冠をかぶって遊んでいましたよ。


可愛いな~!
[PR]
c0240600_17513313.jpg

写真では見えませんが、屋根を工事しなおし室内温度の保温、保冷機能が更にアップ!(外壁は更に一年前に工事済み!)

部屋の印象は、更に広くなりました!

そして私と夫は泣く泣く、暖炉を撤去しました。
暖炉のスペースに、カウンター風の台を置きました。湯沸かしポット、冷蔵庫も常設しました。


一時期はこの部屋にピアノを置き、暖炉を囲み、ソファーでみんなでくつろぎ、愛娘がピアノを弾きました。この部屋をゲストルームにしたので、ピアノは小さな部屋へ移動。

居間ではないので、冬場でも暖炉を使用することは毎日ではありませんでした。暖炉を使用するならば薪も購入しなければなりません。パリ価格の薪!!!

また薪を保管する屋根付きスペースも必要!これは庭の隅にありましたが、こちらも撤去。



c0240600_17585637.jpg

既に何名かの芸術家のお客さまが、ご利用下さっています。
広々しているのでホテル住まいと違って、ラクなようです。


春から夏場は、陽も長くとても陽気が良いので、庭の芝生で日向ぼっこ、ヨガなどをされる方もいらっしゃいます。

ゲストルームについてのご質問等はGmailよりご連絡下さい。

下記もご参考になさって下さい!
http://paris.jimomo.jp/bbs/detail.html?id=29501
[PR]